改めて掃除




ゴールデンウィークはいかがお過ごししましたか? (これってちょっとおかしな日本語?)


 
私はそれなりのゴールデンウィークを過ごさせていただきました。


休日の雰囲気を味わって、出かけたりもし、観光地で人ごみに呑まれてみたり(笑)  

最近はなるべく、世間の流れに触れるようにすることも大切にしてます。

少し前までは、世間のイベントごとなどアホらしいと、敬遠していたんですが。楽しませてもらっています。



さてさて、ゴールデンウィーク最後の日、掃除をしましてね。 

本当はもっと徹底的にやる予定が、乗り遅れてしまって一部的になってしまったのですが、改めて掃除を体験し、色々と感じさせられました。




私の師匠が昔こんなことを言ってました。

「男より女のほうが寿命が長いのは、家事っていう行為が、とても身体を整えることにリンクしてくることも要因の一つではないか」と


掃除をしていて、拭く、掃くという行為が本当に身体をスッとさせてくれるんです。

それは具体的に汚れや埃がとれていくという客観的事実も、その感覚が確かなものになる大きな要因にもなります。



汚れがとれたという事実と身体がスッとする感覚が本当にリンクして、ちょっとだけ内側を観ると、身体のある箇所が、スッとするんです。


この感覚は是非に試して欲しいです。 その時あまり客観的汚れの事象にこだわり過ぎると、観えづらくなるので、私の場合は、主に身体の内側をベースにして掃除をしてます。 


この感覚を得るのに重要なことが。  


それは、機械に頼らないようにすることです。 


私の家にはちっちゃい掃除のようなものはあるのですが、ほとんど吸えないので、使わないのですが、自分の家以外で掃除機を使う機会がたまにあるのですが、あれは掃除をしているのか? という気持ちになります。


確かに汚れという物体をある空間から排除するということに関しては優れているかも知れませんが、まったく身体がスッと成るような感覚はありません。 

だから何をやっているか? って普通に思ってしまったりもします。 


だから、ここにも便利さの弊害が出ていると思うのです。


せっかくの行為が、まったく身体とリンクしてこない。 もったいない話です。 


確かに機械を使ったほうが、早くて楽かも知れませんが、ウサギとカメのウサギですね。


主婦の方たちは、便利なほうがいいと思うのももちろん分かるんですが、機械を使った除去作業はそれとして、是非「掃除」をしてもらいたいものです。


台所の作業も、身体につなげてあげれば、身体が整う行為になるのに、食洗機やら、ありものを使って包丁もつかわない台所仕事とは別に、たっぷり原始的に料理をする機会があると良いと思います。 


今ではそういう時間と手間をかける行為がある種の豊かさとして認識されてきているように思いますが、なかなかこれは滑稽な話だと思いました。




そんなこんなで、今日は大分乗り遅れてしまいましたが、掃除をして気持ちよい日に転換できたことに感謝。













しかしながら・・・

掃除を語ってはいるものの、私の部屋は雑然としております。(笑)


ものが多くて、収納出来ず! 


「適当」



適を得ているってことで。 


ほほほ














コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひさいしぶりだな 
最近は 例の 傾聴から始まって カウンセリングを受ける中で
俺の中にトラウマがあるっていうことになって(前言ったかな?)
先生の勧めで 『アダルトチルドレと癒し』 という本を読んでます。

興味があるからなのか すらすら入ってくるわ
機会があったら 読んでみて

西村 和美さんの本

Re: No title


アダルトチルドレンね~。 なかなか興味深そうな本だ。 

今の読むもの終わってきたらチェックしてみるわ。

ありがとな~。

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード