残念ながら・・・


「本当にいいものは少なく、少数の人のためだけにある。」


「ほとんどの人々は、いいものに背を向けてしまう。」


凄い男が言った言葉です。


「いいものが増えればいいが、いい物のほうが少ないのが人間の生き様だと。」


人の心も同じで、凄い男いわく、20%がいいところで、80%は悪い部分だと。

だからせめて悪い部分の30%を磨いて、50:50に出来ればいいと。 

その割合は、一年365日も同じではないかと。 大体は悪いかあまりよくない日で、本当にいい日だと思える日は2割程度でないかと。 


いいものにはおのずから限界があって、広まってしまったらいいものでなくなる。 だから組織化とか、広めましょうとかなるといいものでなくなってしまう。 

トヨタみたいに・・・




なんだが、あまりにも本当のこと過ぎて、ショックでした。 分かってはいたけれど、どこかで希望を持っていた。

本当にいいものなら広まると・・・
 

でも私の短い人生経験からすると、凄い男が言っているのが現実だとおもう。 


凄い男は言います。 「一人ひとりの人間の心がよくないものである以上、そうそういいものは広まりっこない」 


何ともストレートな現実。 でも凄い男は言います。 「これは決しえ開き直りではないと」


そして最後にこう言います。


「本当にいいものは少ないのです。少ないからこそ大事にしましょう」 






しかし私はまだその現実を受け止められていない気がします。 

まだ甘い青写真をポケットに忍ばせて斜に構えているような気がします。 

「はやく大人になりた~い」(妖怪人間ね)




なんだかんだ言っても、嘆くその前に自分の心を磨くところから始めないといけませんね。


と言う事で、ってことでもなかったのですが、秘かに宣伝。

今年の10月4,5日と【KIUNJI】の本公演を打ちます。 テーマは「掃除」です。 

また、近づいてきたら改めて宣伝します。 


是非、来ていただきたいです。 


もう稽古に入ってます。 本当にいいものに近づくように懸命に行きます! よろしくお願いします。








凄い男は特に心の磨き方には言及してません。 むろんヒントになることはわんさか言っていますが。



そこで、今私が思う心の磨き方の一つに、「感謝」が挙げられます。


一日に何度心の底から「感謝」が言えるか? それをしていくだけで随分と変わってくると思います。





「ありがとうございます」 「感謝」



コメントの投稿

非公開コメント

概念の中を彷徨うのは楽しいけど、危険な事でもあると思います。僕は今剥き出しの主観に興味があります。ありがとう。

ニロさんコメント有難うございます。


煙のようなニロさんのコメントが、俺の中でふわふわと漂っています。

空気をつかむ稽古を俺は繰り返す必要があるでしょう。

「剥き出しの主観」 

俺は石橋を叩いて歩いていないかもしれません。 ただ石橋を観察するだけして渡ってないのでしょうか? 

しっかりと叩いて、皮膚をすりながら、渡る・・・時には跳び渡ることもしつつ。


忙しいですか? 身体に気をつけてください。





> 概念の中を彷徨うのは楽しいけど、危険な事でもあると思います。僕は今剥き出しの主観に興味があります。ありがとう。
プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード