舞踊家・俳優として新たに出発し、そして改名します。 






舞踊をやり続けるか?辞めるか?

それを自身に問う舞台「しせい」を終え、
自分が定めた目標と、私が執り行えた事実を省みて、選択しました。

私は自分に舞踊を続けることを、
許可しました
いや、躰から許可されたと言ってもいいかもしれない。
(また、二日とも立ち会って頂いた我が師匠からも「続けなさい」との言葉を貰いました)

まだまだ舞踊家として道半ばの者が、辞める辞めないなどとほざくのも甚だしい話であったが、私には一つの大きな分岐点として、必要に迫られ、危機感を持ち、自分に課し、その覚悟、その姿勢を試す必要があったことを、儀礼としての舞台「しせい」に立会って頂いた方々には御理解頂ければ幸いです。

舞台「しせい」という通過儀礼。
舞踊家 金野泰史の生前葬。
そして、変態の儀。

もし、舞踊家 金野泰史を葬り去ることなく、死に切り、生き切り、やり切り、やり抜けず、変態することが出来なければ、本当に辞める覚悟でありました。


よくやったと思う。
自ら定め、決定し、その覚悟、決意、その契りを果たし得たのだと。

今迄に、一人の人間として、これ程まで、逃げ道を閉ざし、多くの人を巻き込み、背水の陣を敷いて成し得たことなどない。
40という節目を目前に控え、本当にやってよかった感じるし、もしこの儀をやらなかったら、またやれなかったら、と考えると、自分の行く先は全然違ったものになったであろうと感じる。

ここで我が生の師匠の言葉を引かせてもらう。

自分のための逃げ道を、一切自分で閉ざしてしまうことだけが、弱い人を強くする。
そして自分で自分に言訳するような、自分に対する見栄をかなぐり捨て、裡の力で行動すれば、
その一挙手一投足は逞しい人間を造ってゆく
。」

「逞しさ」と「浅ましさ」
「浅ましさ」に逃げることなく、上記のような過程を経て、いくらかの「逞しさ」を私は身につけられたのではないかと思う。

ということで、舞踊家 金野泰史は逝き、新たな舞踊家として変態せしめた証として、新たな名を名乗る所存です。

舞踊家 YASUCHIKA


そして、俳優もYASUCHIKAで統一して行こうと思っております。
(制作的な事情で、次の舞台「戦争と一人の女」はまだ改名する前だったりしますが、そこは御了承下さい)

それでは改めて、
変態し得た舞踊家 YASUCHIKAを
今後も何卒よろしくお願い申し上げます。




舞踊家 YASUCHIKA 拝


続きを読む

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード