自分ごと


随分とブログを書いてなかった。

これはブログに残しておこうと思ったことが、忘れ去られていっている(笑

その中でサクッと思い出したものを書き残しておこう。





「自分ごと」

今年に入ってからだ。
そう「戦争と一人の女」の稽古に入っていた。
去年の4月からはじめた武術でよく言われていたことで、
「自分ごととしてやる」ということ

これ、字面だけでいったらなんとも当たり前のことなんだし、
私が身の基礎として培ってきた身体観の師匠からも、「最後は自分」「自分でやるのよ」「『ひとり』でやるのよ」・・・なんかマッチする言葉が思い出せないが、「自分ごととしてやる」と同じニュアンスのことは13.4年言われ続けてきたわけだ。

それで。 それがやっと「そういうことか!」って分かったわけですわ。

まあ、武術だと分かりやすいのですが、「自分ごと」の説明としての例え話、シチュエーション話で、
武術は戦うわけです。
そして、どんなに素晴らしい師匠に付いていようが、どんなに強い師匠に付いていようが、最後に戦うのはその人自身。
立ち会う場に師匠がいようが、直前まで師匠の指導やアドバイスを受けようが、最後に戦うのはその人自身。

これも、文として理解できることと思いますが、これとっても切実な話なんですわ。
武術で戦ういうたら、死ぬわけです。殺めるか殺められるかだけですわ。
これ以上切実なことないですわ。
ということで、稽古を「自分ごととしてやる」ということです。 
というか、自分ごととしてやれていないと何を知ってようが、どういう稽古をしようが、どういう何があろうが、いざという時に使えんわけです。 やってきたように見せかけてきたものが、何も使えない。
その使えなさを、戦うときに気付いても、まあ遅いわけですな。

そういうことなんです。 って言ってもコレぜんぜんピンとこないんだと思いますわww。 
私も10年以上かかって、そこそこ切実に真剣に本気で稽古してきた自負はありますが、そういう俺がやっと気付いたわけです。
(まあ、この気付きもまだ第一段階かもしれませんが)

で、ここからちょっと飛躍すると、この「自分ごととして取り扱えない」現象ってどっから来てるのかって思うとですね、
「人生と身体を別々にしている」って感覚なんです。
それをよくよく培ってくれているのが現代医療です。
いろんなマシーンがあって、高ければ高いほどそのマシーンが治してくれると誤認するわけです。

これは論理的に考えても、私のような身体観的に考えても、病を治すのは「最後は自分」なわけです。
これ真実です。いや現実です。
誰も、自分を治せません。 誰かによって、もちろん切欠は与えられます。環境も条件も与えられます。
でも「最後は自分」なんですわ。

ということです。

「自分ごととしてやる」

ちょっと追加して言うと、「人生と身体は切り離せない」※注)論から言うと、
身体を自分から切り離しているイコール人生と自分を切り離しているってことでもありますな。
この辺のことについて、最近取り組んでいるので、あ~だこ~だ言えませんが、そういうことです。






ということで。


※注:私はよくよく身体や身という言葉を使うが、これは生命、生と不可分なものであり、生と身体が重なっているから、生活が出来ており、現世に存在しておりということなので、相手にしているのは生と身体が重なっているものを、身体や身や躰やらと呼んでおりまして、生が抜けているものは死体と明記します。
体より躰やら身体やら身と書いているのは、「人の本」ってより「身の本」の方が何を取り扱おうとしているのかがニュアンスとして届くだろうし、「体」だと世間に流布されているイメージが自分の「躰」とはかけ離れているから差別化している次第です。

こんなところで。

プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら



金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード