スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まこも草子 NEO」vol.124に寄稿させて頂きました。




今年の10月に発行された「まこも草子 NEO」vol.124の「夢追い人」というコーナーに自身のマコモとの関わりと夢について、株式会社マコモの方からの依頼を受けて、寄稿させて貰いました。 発行元は株式会社リバーヴ(かと・・・)

その原稿をそのまま載せます。(許可有り)

かれこれ、マコモの存在を師匠から教わり、触れ合わさせてもらってから10年以上は経つかと思います。
そうして、マコモの販売を仲間がし始めるなど、マコモとの関わりも深くなる切欠もあり、ちょうどこれが発行される頃に、株式会社リバーヴのある仙台気仙沼へ行って、現地の様子や工場の見学などさせて貰いました。
そこでのことなど、色々とあるのですが、それはまた何時かの機会にここに書くやもということで。


因みに「まこも草子」はマコモ購入者会員に発行されている機関紙です。






【夢追い人】


 10代終わりに湧き出し、時と共に、色彩や輪郭、またその濃淡を変えながら洗練され、追いかけ続けた20代から、30代に入った頃には私の背中を後押しもしてくれた私の夢は、こうして今に私を生かしてくれる大きな原動力です。

その夢が舞台や芸術、文化を通して与えてくれた学びは、そのよしあしに関わらず、様々な気付き、経験、出逢いを与え続けてくれており、その中でも大きな出逢いのひとつにマコモがあります。

私は何故だか舞台の前に、自身を浄化したいのか、怪我をよくします。(大体経過は本番に間に合いますが…苦笑)
その中でも一番印象的だったのは、肋骨にヒビを入れたこと。その際、湿布や風呂でマコモには大変お世話になりました。

マコモという植物、菌、生命の力は私に自然の共鳴、調和またその法則を垣間見せてくれ、その学びは、自身の表現にも大きな影響を与えてくれています。
破壊、搾取、汚染の上に成り立つ現代社会において、現在販売されているマコモがある事は、私にとても深い意味と必然を感じさせます。

これからも、この世にマコモが存在する限りマコモの助けも借りながら、芸術活動や自身の生命観を通して、この地球での私達人間の在り方、態度を改め、様々な生命と共に溌剌と生き切る道を模索し、その過程で得る様々な気付きや発見を人々と共有し、子供らにも伝えていける表現や人間力を磨き上げていきたいと思います。

その源である私の夢は今後も色褪せることなく、様々な目標を私に目覚めさせ、また鼓舞し助けてくれることでしょう。

浄化と調和、統合が必要なこの時代に、マコモに出逢えたことを感謝しながら。


舞踊家・俳優+生躰研究家
金野泰史








マコモに関しての思いや考え、そして経験は色々ありますが、それはまた折をみてここに書いていくかもしれません。

そして私にとって、(はたまた人類にとって)まだまだマコモという存在は深く、計り知れないのですが、これからもマコモが存在する限り、関わって生きたいと思っております。






スポンサーサイト
プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。