2015.7.19 座談会『からだ四方山話』 @マホロバクニタチ



座談会


からだ四方山話



経済、食、政治、医療、文化‥社会有機体の最小単位である私たちの身体。日本的感覚による身体観とシュタイナー的身体論から、現代における新たな身体認識の可能性を探る。


対談
金野泰史×定方まこと


日時:2015719日(日)

15:00~16:30

料金:1,000円(1ドリンク&菓子付き)

※お子様連れ可。
※会終了後、懇親会もしたいと思ってますので、お時間ある方はご参加下さい。

会場:マホロバクニタチ
(国立市北1-12-13 江本ビル1F)
アクセス:JR国立駅北口徒歩3分、北口より線路沿いを立川方面へ、多摩スポーツさんを右折、正面左側の黒い鉄柵を入り、左の小みち奥。

※要予約※
予約先:karadayomoyama@gmail.com もしくは私に直接ご連絡ください。
小さなスペースでの開催ですので、人数に限りがございます。
定員に達した際は先着順とさせて頂きますので、ご了承願います。










定方まこと
1978年北海道生まれ、新潟で育つ。幼少期より鍼灸師・気功師でもあった父の影響を受け、東洋的身体観に親しむ。高校在学中は作曲家・即興演奏家として活動。1996年、舞踊家 笠井叡に出会い人智学・オイリュトミー講座に参加。以後、天使館にて同氏に師事。1998~2002年にかけ、オイリュトミーシューレ天使館第二期を修めた後、現在に至るまで国内・海外の様々な舞台に出演。
2010年、鯨井謙太郎とのユニット CORVUS を結成。舞台、ワークショップなど精力的に活動を展開。
2013年に1児の父となって以降さらに活動の幅を広げ、2014年度のSOSA projectに参加、冬季湛水不耕起栽培の稲作を経験する。





金野泰史
舞踊家・俳優 + 生躰研究家。
1999年より俳優修行を始め、2003年から舞踏と出会い、俳優・舞踊家として活動。音楽家、美術家、写真家、画家など、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションにおけるパフォーマンスなど、ジャンルレスな表現形態を模索しつつ、死んだら消える日本文化的かつ野性の身体観、生命観を研究し、その感覚の力を基とし、またその力を蘇生させることを伴いつつ表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。(2014年より芸術企画として活動)
また2013年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)を研究し、そこにある身体感覚を意識化してから身体に落とし込み、その感覚を広げる活動としてワークショップなどを行っている。



主催:マホロバクニタチ


予約・問合わせ
karadayomoyama@gmail.com
09098092713





プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード