グランディングの為の身体WS@アースデイ永田町を終えて



そもそも「グランディング」ってなんぞや?
ってことなんですが、色々な解釈があるようでして、もともと英語?なので、面倒くさがりやの私としては、その語源まで遡るような事は控えさせて頂いて・・・www

ざっくり検索なんかしてみると下記のようなことが出てくるわけです。
「地に足をつけてしっかりと現実を生きる」
「今、ここに居る」
「自分のエネルギーを地球の中心とつなげること」
「自分の根っこを強化すること」
などなど

大体イメージ的に繋がってくるかと思うのですが、
一つ私が付け加えるとするなら、

「この地球という星でしっかり生きましょう」

ってことだと思うわけです。

この地球に住まう生命達は、我等人間よりも長く地球と共に生きて来ている。
我等はそういう意味で言って、新参者な訳でして、まだ地球に住まう礼儀を知らんわけです。
(まあ、我等と言いましても、現代人でありますが)
人間がどこぞやから来ていたとしても、住まわせてもらっとるんだから、礼を欠いたらいかんのです。
いきなり他人の家に上がりこんで、好き放題しとるのは、誰でも許しがたいと思うんですが、どうでしょうか?
すくなくも、私はそのようなことはよう出来んし、やりたくないのでやりません。
(とはいえ、分かっちゃいるけど、やってしまっていることや、まだ知らずにやってしまっていることも多々ありますが)

勝手に人ん家に上がりこんで、喰いたいもの喰い散らかして、好きな場所で騒ぎ、寝て、汚したい放題汚して、片付けもせず、出来ず、都合のいい時だけ甘え、甘えたと思いきや、傷つけ、壊し、知らん振り・・・

赤ん坊なら、まだ力もないので、高が知れてますが、暫定的に分かりやすく2000年は現代人は、歳くっとる訳ですわ。
銀河のサイクルから見たら、2000年なんてちっぽけなものだとは思いますが、我等人間の生涯のサイクルから見たら、どえらい時間経っとりますし、数も増えたわけです。

という訳で、もうそろそろ礼儀、嗜み覚えましょうや。
前時代では、そういう礼儀、嗜みを持ってた時もあったんですから。
みんなで知恵しぼって、やっていきましょ。
私もまだまだ知らんこといっぱいですけど、みんなで補い合って行けば出来ると思うわけです。

といった気概で小生はおる次第です。

ということで、この前のアースデイ永田町でやったWSの中で、重要にしようとしていたことがすっかり抜けてしまっていたので、ここにささやかながら補足したいと思っての書いております。

そのすっかり抜けてしまったことなんですが、
これ私も日々の中で忘れがちになってしまうのですが、とても基本的なこと。

「場に対する礼」

そこに、ここに居させて頂いてありがとうございます。
ここを使わせもらいます。
ここを使わせもらってありがとうございます。

「挨拶」ですわ。そんでもって「感謝」ですわ。

すっごくシンプルなことで、とっても重要なこと。
それするだけで、変わります。
身体も感受性も変わります。

ちゅ~ことで、今もこの文字を打ちながら、今ここに座らせてもらって、パソコン作業をさせてもらっている場に対して、挨拶と礼と感謝を捧げながら

永田町に
今、ここに
「ありがとうございます」




プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード