久々にいい芝居を観た。


知り合いの女優が出ていたので、芝居を観に行った。

久々に観た芝居。 

いい芝居だった。

一番初めに思ったのは「調度いい」芝居ということ。

何が「調度いい」のか?

簡単に言ってしまえは、観やすさの問題だと思う。

芝居慣れしている人にも、まったく芝居を見たことがない人でも、面白く観ることが出来る芝居だろうと思ったのだ。

お持ち帰りが出来て(芝居のことを家に帰っても、あれは何だったんだろう? あれはこういうことかもしれない?といったこと)、またやるなら観てみたいと思わせるもの・・・



そして、一つ大きな気付きがあった。
それは「分かりやすさ」と「観やすさ」の違い。

今までは「分かりやすさ」というものを考えることが多かったが、「観やすさ」という観点で今後は考えてみようかと思う。 これは似て非なるものではないかと思うのだが。

これで「分かりやすさ」という呪いから少し解き放たれていければ幸いだ。

特に踊り、身体表現なんかは、「分かりやすさ」というものから根本的にかけ離れているのだから、今まで「分かりやすさ」という観点でお客さんとコミットしようとしていた時点で、無理な話なのだ。
それに根本的に共有したいところは、私の観念や思想ではないからね。 
もちろんオマケで共感してくれる人がいたらそれはそれで御の字だけど。



あっ、因みのその芝居は、箱庭円舞曲というカンパニー最新作の「どうしても地味」という芝居でした。 

もう東京公演は終わって、後は大阪公演をするみたい。

また機会があったら別の作品も観てみたいね。







続きを読む

プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード