スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバチの羽音と地球の回転




今日、やっと鎌仲ひとみ監督作品、映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を見てきました。

888earth.net/index.html ←詳細です。


この映画は上関原発計画を中止を訴え、行動する祝島の方々と、スウェーデンで持続可能なエネルギー社会を実行している人々のドキュメンタリーを一本の映画にまとめた作品です。 

鎌仲監督は「六ヶ所村ラプソディー」で話題になった監督です。(残念ながら私は見ることが出来ていないのだが・・・TUTAYAにないんですわ) 六ヶ所村の問題は、坂本龍一さんもSTOP ROKKASHOという活動もしていた、今も尚問題の原発廃棄物処理工場。 

それの第二段の原発問題ドキュメンタリー作品が「ミツバチの羽音と地球の回転」です。
個人的には、「10000年後の安全」www.uplink.co.jp/100000/より、心に訴えるものが大きかったです。


とにかく、この作品は一度皆さんに見てもらいたい作品です。 

これからのエネルギー問題。 3・11後、日本国民全員が向き合っていく時期で、それを逃してはいけない時です。 

その為にも、一つのキッカケ、考えの基として見て頂ければと思った映画でした。 





その中で一つ、ハッと思わされる場面があったので、紹介します。


祝島で、お米を作っているご夫婦の奥さんにインタビューしている中の話。 


そのお母さんは、ぼそっと言いました。 

昔はお金をあまり使わなくても生活できた」 と 


私はハッと思わされたのです。 


それは私の捉え方が間違っていたと言うことでした。 

私のイメージでは戦後日本は経済的に貧しく、大変だった・・・そして今があるのは、高度経済成長を遂げて、経済力が付いたおかげであると。 
昔は、お金がないために、致し方なく貧乏をしいられてきた生活があったという考えです。 


でも、そのお母さんの言葉を聴いたとき、そうじゃなかったんだと思いました。 


お金がないではなくて、お金が必要なかった生活が出来ていたということだったんだと。


その生活とは、要は自然の恵みを頂け、自然と共存できていた時代であったと思うのです。 

その考えの下、今の自分の生活を振り返ると、本当にお金がないと生活できない環境に生きている。 
お金がなければ、まともな衣食住が出来ない環境になってしまったんだと。 


その流れを、はっきり良い、悪いではなく、しっかりと見詰めなおし、重要なエネルギー問題から始めて、少しずつ未来のためにより良い環境を作って行きたいと感じさせてもらえた映画なのでした。



お勧めします。  是非!












 


スポンサーサイト
プロフィール

Yasuchika Konno

Author:Yasuchika Konno
金野泰史
舞踊家/俳優/生躰研究家


1999年俳優を始め、2003年から舞踊(舞踏)・俳優・パフォーマンスアーティストとして活動を開始。音楽家、美術家、写真家など他ジャンルのアーティストとのコレボレーションも多々行う。
底辺から頂点に自身が日々稽古して探求する中で捉えた身体観、身体感覚を通しての表現を追求している。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。現在は芸術企画【KIUNJI】としている。
また生躰研究家として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、金野泰史、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


公式サイトはこちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。