KIUNJI企画 art event 『 5years 』 2016/03/12 @四谷 喫茶茶会記

スマホでご覧の方はPCビュー(スマホ画面一番下)に切り替えて見て頂けると見やすいです


二千十六年三月十二日
芸術企画KIUNJI主催 ArtEvent 『5years』 へご参加頂いた皆様方
並びに出演者、スタッフの皆様へ

身体の深淵より感謝申し上げます

ありがとうございました。

そしてお礼と共に、Event全体の進行・参加者の皆さんへの配慮等々至らない点が多々あったこと、お詫び申し上げます。

そして、Donation(保養団体海旅Campへの寄附)が
7300縁(円)集まりました!
(このお礼文を初めに投稿した際書き忘れてしまったこと、深くお詫びします)
参加者皆様方の様々な想いが具現化された
この金額以上の尊い価値のあるこのお金は、
私が責任もって近々寄附致します。

(また、寄附を完了した際は改めて報告します)


感謝多謝

芸術企画KIUNJI 金野泰史






『5years』は5年という歳月と今を行きつ戻りつしながら、なんとか「今の私」に着陸出来たのではないかと思っております。
様々な意見もございますが、私はこの企画をやれたことを誇りに思います。
そして、それを成し遂げられたのも、多くの出演者、スタッフ、仲間、そして参加者の皆様方のチカラ添えがあってのことだと
しみじみと感じております。

私は、ひとりびとり、人間は単独者で立つ必要が、その意志が必要だと心底思いますが
それど同時に
「ひとりじゃねえ!」
と心底思ってます。

『5years』は少しだけその私の意思が反映できたのではないかと思っております。







TimeTableの情報を<続きを読む>のページに挙げました!


KIUNJI presents

『 5years 』

What was 311? For you now.
It's in 3.12 / 2016 from 3.11 / 2011


あれから5年…

「 311は何だったのか?    

     今のあなたにとって… 」



2016/03/12(土)
@綜合藝術茶房 喫茶茶会記
open:16:00 start:16:30〜end: 22:00(about)
料金¥2500(with1drink)+Donation (
保養団体海旅Camp
へ寄附)
途中入場・再入場〈可〉
Facebook EventPage
●要予約●




このイベントは、
多様な芸術を体感することで、
改めて311を今に思い起こし、
共に考え語ることで、
各人の「311と今」を
共有・共感する場を創ることを
目的としている。




theme song : David Bowie 「Five Years」



上田晃之 (theater)
奥野美和(dance)
Kae Sugiha(singsong)
日下部泰生(painting)
恒星 (performance art)
齋藤真依(candle)
Bo-z EXP(sound)
水城ゆう(piano/text)+ 野々宮卯妙(reading)
柚楽弥衣(song)
定方まこと(voice)+ 金野泰史(move)
etc…


(五十音順)



意匠:恒星
企画・制作 KIUNJI
予約•問合せ:
kiunji81@gmail.com

5years チラシ表


続きを読む

六本木Bacecamp [Candle night Live] 11/13




11/13(金)21:00〜


 Candle night Live 
六本木Bacecamp

(エントランス¥1000付1D、投げ銭)


国際的saxphone奏者,大石 将紀 のアルバムJACOB-TVと、
トマツ タカヒロ 肉態、山海塾・ 松岡 大 、 金野 泰史 ダンス、それぞれと実験セッションします

様々なキャンドルアートにて彩られた秘密基地Bacecampの時空に、鍛え抜かれた三様の身体が浮き上がります、秋の夜長の特別なアートフェスとの肉態コラボ、是非ともお立ち会い下さいませ!


イベント詳細



六本木Bacecamp[Candle night Live]





●大石将紀
東京芸術大学卒業、同大学院修士課程修了。2001年に渡仏しパリ国立高等音楽院に入学。サクソフォン科、室内楽科を、即興演奏科を全て最優秀の成績で卒業。その後同年同音楽院大学院過程室内楽科に進み2007年に修了。2002年から2004年まで文化庁派遣芸術家海外研修員として研鑽を積む。これまでに明治安田生命クオリティオブ文化財団、メイヤー財団、エラスムス財団、ソシエテジュネラル財団から奨学金を受ける。フランスをはじめとするヨーロッパ諸国、アフリカ、アジアでの演奏活動を経て2008年に日本に帰国。同年3月東京オペラシティ文化財団主催のリサイタルシリーズ「B→C 100」に出演、高い評価を得た。その後東京オペラシティ文化財団コンポージアム、サントリー音楽財団サマーフェスティバル、横浜みなとみらいホール「JUST COMPOSED」、武生国際音楽祭などに出演。また故ピナ・バウシュのダンスフェスティバルNRW国際ダンスフェスティバル2008(ドイツ)にダンスとの共演で出演。
現代音楽、クラシック音楽を軸に、ライブ、テレビ、ラジオ、CM音楽の録音、学校等でのアウトリーチなど幅広く活躍している。ブルーオーロラ・サクソフォンカルテットメンバーとしてアルバムを2枚リリース。また現代音楽グループ「東京現音計画」メンバーとして第13回佐治敬三賞を受賞した。2007年4月より東邦音楽大学、同大学院非常勤講師、2012年より洗足学園音楽大学非常勤講師、2015年より東京藝術大学非常勤講師として後進の指導にもあたっている。                   
公式ウェブサイト www.m-oishi.com


●トマツタカヒロ
・東京生まれ育ち在住
・明治大学文学部(文芸学専攻/演劇)中退
・メンタルクリニック デイケアにてARTと軽運動プログラム講師19年以上勤続中
・巻上公一 主催 Jhon Zorn's COBRA 東京作戦・坂本弘道、石川浩二とのフリー狂演トリオセッション @大泉学園 in F ・お笑い芸人美術展企画運営(水道橋博士、大川総裁、江頭2:50、はちみつ二郎、松本ハウス、鳥肌実ほか多数出品)   ・青い部屋、新宿LOFT plus one、NAKED LOFT、池袋ROSAほかファイティングポップ!リリースショー ・ことぶき光 CD「mosaic via post」 楽曲提供 vo参加   ・NAKED LOFT「武骨天使」ライブ主催(飴屋法水、松本キック、浜里堅太郎、尾引浩志、タブラクワイエサ他ゲスト多数)etc 
・「たけしの誰でもピカソ THEアートバトル」10回出演。写真集「誰ピカ THEアートバトル」に取材掲載。 
・[ LOVE baton FIGHTING!!! ] 見知らぬ通行人にハートマークスタンプのついたグローブで次々と殴られることにより愛にあふれたハートマークのボディペイントが肉体に施される格闘系パフォーマンスを展開 ・ヨコハマトリエンナーレ2005(川俣正 総合監督)芹沢高志チームにて出品 ・村上隆 主催「GEISAI#9」企画ブースにて招待出品 ほか路上など。
・TWS主催 Experimental FES 2010 特別賞受賞(一柳慧、山下洋輔、中川賢一、畠中実、ほか選考委員)
[WHITE CUBE GYMNASIUM] @TWS本郷  
[WHITE CUBE GYMNASIUM GRACEFUL SURVIVAL] @TWS渋谷
・Experimental Collaboration with International Ensemble Modern Academy @TWS
[wellengewoben / Wave-Woven] with Bettina Berger(flute) Matt Rogers(composer)
・一柳慧の実験図形楽譜「tokyo2011」にEnsemble Modern Academyと共演
・西江雅之トークライブ「裸になれないサル」オープニングパフォーマンス
・「格闘的肉態を掘削する二夜の衝動/原民喜[夏の花]と開沼博<フクシマ>論を朗読する試み」企画主催・出演@TWS トークゲスト:開沼博ほか
・Tokyo Experimental Festival 2012 All Night Finale@TWS主催
山下洋輔ピアノと肉態とのフリーセッション
中川賢一演奏ジョンケージプリペイドピアノとコラボ
・2012' Paris-Frankfurt-London Performance tour
・2013' MPA-Berlin(Month Performance Art in Berlin)参加
・London ARCO [Heracles] movie performance
・2014'419両国門天[肉弾対戦] 山下洋輔、西江雅之、林英哲(飛び入りトークゲスト)
・2014'より四谷三丁目 喫茶茶会記にて[自発的対称性の破れからテロル]シリーズ
白石雪妃、大石将紀、坂本弘道、林隆史、Miss Universe、AQi abec Gabriel..


松岡大
1982年生まれ。
ダンサー。ランドフェスディレクター。
上智大学比較文化学科卒業。桑沢デザイン研究所卒業。
2005年より舞踏カンパニー山海塾に舞踏手として参加。
2013年4月にBankART 1929主催Cafe Liveにて「快転」(松岡大/齋藤正和/鈴木悦久)を上演。
2011年より、街をぶらり歩きながらライブとの出会いを楽しむ「ランドフェス」を主催しており、これまでに吉祥寺、西小山、高円寺で開催。そして2014年9月には調布市主催、巻上公一(ヒカシュー)が総合プロデューサーを務めるJAZZ ARTの付帯イベントとしてランドフェスを仙川で開催し、そのユニークな企画性が音楽・ダンスのファンのみならず、地域の人々からの好評を博した。同年10月には品川区で注目を集めるアートイベント「中延EXPO」にて開催。




「茶会記PLAY-ACT vol.5」に出演します。10/10,11,12




2015/10/10.11.12(土.日.月祝) 
「茶会記PLAY-ACT vol.5」

茶会記での、演劇・ダンス・パフォーマンスなど舞台芸術のオムニバス上演企画=「茶会記PLAY-ACT」
第5回目となる今回は短編7作品を上演いたします。
様々な試みから作られたスリリングな作品群をどうぞお楽しみください。

□場所
四谷三丁目 喫茶茶会記

□演目

・「部屋」(約30分)
作/演出:桜井智広、大木実奈
出演:桜井智広、大木実奈
音響:関夏大志

・「苦悩A」(約10分)「苦悩B」(約5分)
『恋愛のディスクール・断章』を上演するワークショップより
出演者:多数

・「YOUR BACKGROUND REPORT」(約20分)
作/演出/出演:保坂大地

・「変質、あるいは」(約10分)
作/演出/出演:丹澤美緒

「DANCE ON PLAY-ACT」(約20分)
出演者:金野泰史、細川麻実子、矢野智裕 他

「ヒューマン・コメディ」(約30分)
作/演出/出演:上田晃之
音響:Bo-z EXP
演出補:木下亮
その他:藤井毅、Kae Sugiha

□日時
●10/10(土)
17:30開場 18:00開演 21:00終演予定
●10/11(日)
13:30開場 14:00開演 20:30終演予定
●10/12(月)
13:30開場 14:00開演 20:30終演予定


※ 10/10は上記の全作品を1周。
 10/11、10/12は2周。上演いたします。
※ 演目の間に休憩があるので、途中での入退場は可能です。

□料金
2500円(ワンドリンク付)
同日のプログラムを何度でも全て見られます。
2日目以降の入場は1日1000円(ワンドリンク付)で、同様に同日のプログラムを何度でも全て見られます。

※入れ替え制ではないので、当日の状況によっては入場の制限をする場合や立ち見の場合があります。
※ご予約のお客様は優先的にご案内いたします。

□予約連絡先
関係者にご来場の日と、ご来場の目安の時間を伝えてください。または下記までご連絡ください。
ueda03@msn.com



□タイムテーブル詳細

■10/10(土)
17:30開場 18:00開演 21:00終演予定

18:00-18:35 「部屋」
18:40-18:50 「苦悩A」
18:55-19:15 「YOUR BACKGROUND REPORT」
(15分休憩)
19:30-19:35 「苦悩B」
19:40-19:50 「変質、あるいは」
19:55-20:15 「DANCE ON PLAY-ACT」
20:20-20:50 「ヒューマン・コメディ」


■10/11(日)
13:30開場 14:00開演 20:30終演予定

14:00-14:15 「苦悩A」
14:20-14:40 「YOUR BACKGROUND REPORT」
14:45-14:50 「苦悩B」
14:55-15:05 「変質、あるいは」
(15分休憩)
15:20-15:40 「DANCE ON PLAY-ACT」
15:45-16:15 「ヒューマン・コメディ」
16:20-16:50 「部屋」
(20分休憩)
17:10-17:20 「苦悩A」
17:25-17:45 「YOUR BACKGROUND REPORT」
17:50-17:55 「苦悩B」
18:00-18:10 「変質、あるいは」
(20分休憩)
18:30-18:50 「DANCE ON PLAY-ACT」
18:55-19:25 「ヒューマン・コメディ」
(10分休憩)
19:35-20:05 「部屋」


■10/12(月)
13:30開場 14:00開演 20:30終演予定

14:00-14:35 「部屋」
14:40-14:50 「苦悩A」
14:55-15:15 「YOUR BACKGROUND REPORT」
(15分休憩)
15:30-15:35 「苦悩B」
15:40-15:50 「変質、あるいは」
15:55-16:15 「DANCE ON PLAY-ACT」
16:20-16:50 「ヒューマン・コメディ」
(20分休憩)
17:10-17:40 「部屋」
17:45-17:55 「苦悩A」
18:00-18:20 「YOUR BACKGROUND REPORT」
(15分休憩)
18:35-19:00 「苦悩B」
19:05-19:15 「変質、あるいは」
19:20-19:40 「DANCE ON PLAY-ACT」
19:45-20:15 「ヒューマン・コメディ」





濃い黄色が、小生がメインどころとして出演するところ。
薄い黄色が、小生が多分出演しているであろうところ。(作品作りに関わってます)


フェイスブックのイベントページもあるので、そのリンクも貼っておきます。
最新情報がアップされると思うので、追加情報はこちらへ





では、
最近使っていなかったと感じている、
芸術脳を存分に使って、心体を練っております!
(舞踊脳は使っておりましたが)

この機会、時間を与えてくれた、上田晃之氏に感謝しつつ、本番まで揉んで練って行きますので、
お時間ありましたら
是非の御来場お待ちいたしております!



スマホで見るときは、一番下にあるPCビューで見ると見やすいです!

LAND FES vol.7 に出演します。9/19(土)12:00~






LAND FES vol.7 & Jenny’s Kitchen Live
詳細は上記のリンクより確認下さい。

9/19(土)

12:00〜13:15


レオナ(タップダンス)×南雲麻衣(ダンス)×マルコス・フェルナンデス(パーカッション)
纐纈雅代(サックス)×金野泰史(ダンス)
岩下徹(ダンス)×森重靖宗(チェロ)



18:05〜19:20
坂本弘道(チェロ)×田仲ハル(舞踏)
政岡由衣子(ダンス)×荒井康太(ドラム)×蜂谷真紀(ヴォイス)
大島菜央(ダンス)×高岡大祐(チューバ)

9/20(日)
12:00〜13:15 
奥野美和(ダンス)×モーガン・フィッシャー(ピアノ)
巻上公一(ヴォイス)×岩下徹(ダンス)
高岡大祐(チューバ)×トマツタカヒロ(肉態表現)

18:05〜19:20
長谷川宝子&松原東洋(舞踏)×直江実樹(短波ラジオ)
藤由智子(ダンス)×荒井康太(ドラム)
森重靖宗(チェロ)×松岡大(ダンス)×マルコス・フェルナンデス(パーカッション)


上記のほかにもJenny's KitchenでのLiveがあります。
私が好きな人、興味ある人も多く出演されているイベント。 是非足を運んでみて下さい。


贅沢なイベントです。






続きを読む

2015.7.19 座談会『からだ四方山話』 @マホロバクニタチ



座談会


からだ四方山話



経済、食、政治、医療、文化‥社会有機体の最小単位である私たちの身体。日本的感覚による身体観とシュタイナー的身体論から、現代における新たな身体認識の可能性を探る。


対談
金野泰史×定方まこと


日時:2015719日(日)

15:00~16:30

料金:1,000円(1ドリンク&菓子付き)

※お子様連れ可。
※会終了後、懇親会もしたいと思ってますので、お時間ある方はご参加下さい。

会場:マホロバクニタチ
(国立市北1-12-13 江本ビル1F)
アクセス:JR国立駅北口徒歩3分、北口より線路沿いを立川方面へ、多摩スポーツさんを右折、正面左側の黒い鉄柵を入り、左の小みち奥。

※要予約※
予約先:karadayomoyama@gmail.com もしくは私に直接ご連絡ください。
小さなスペースでの開催ですので、人数に限りがございます。
定員に達した際は先着順とさせて頂きますので、ご了承願います。










定方まこと
1978年北海道生まれ、新潟で育つ。幼少期より鍼灸師・気功師でもあった父の影響を受け、東洋的身体観に親しむ。高校在学中は作曲家・即興演奏家として活動。1996年、舞踊家 笠井叡に出会い人智学・オイリュトミー講座に参加。以後、天使館にて同氏に師事。1998~2002年にかけ、オイリュトミーシューレ天使館第二期を修めた後、現在に至るまで国内・海外の様々な舞台に出演。
2010年、鯨井謙太郎とのユニット CORVUS を結成。舞台、ワークショップなど精力的に活動を展開。
2013年に1児の父となって以降さらに活動の幅を広げ、2014年度のSOSA projectに参加、冬季湛水不耕起栽培の稲作を経験する。





金野泰史
舞踊家・俳優 + 生躰研究家。
1999年より俳優修行を始め、2003年から舞踏と出会い、俳優・舞踊家として活動。音楽家、美術家、写真家、画家など、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションにおけるパフォーマンスなど、ジャンルレスな表現形態を模索しつつ、死んだら消える日本文化的かつ野性の身体観、生命観を研究し、その感覚の力を基とし、またその力を蘇生させることを伴いつつ表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループ【KIUNJI】(キウンジ)を立ち上げる。(2014年より芸術企画として活動)
また2013年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)を研究し、そこにある身体感覚を意識化してから身体に落とし込み、その感覚を広げる活動としてワークショップなどを行っている。



主催:マホロバクニタチ


予約・問合わせ
karadayomoyama@gmail.com
09098092713





プロフィール

Yasuchika

Author:Yasuchika
YASUCHIKA
舞踊家・俳優(+生躰研究家)


1999年より俳優を始め、2003年より踊り始め、2004年より、死んだら消える文化的かつ野性の身体観、生命観を学び始め、そのチカラを基とし、また蘇生させることを伴いつつ芸術表現へと転化させている。
2009年パフォーマンスグループKIUNJI(キウンジ)を立ち上げる。(2014 年より芸術企画として活動)
また2013 年より生躰研究家として「生きてるってどういうこと?」(=生因)や響命する身体を軸とし、身の持つ自然のチカラを活性させるワークショップや稽古会を行っている。
2017年9月舞踊家としての生前葬をソロ公演で行い、YASUCHIKAと改名し新たなスタートを切る。
また生躰研究家 金野泰史として「身体との付き合い方WS」も定期的に開催している。

このサイトでは、舞踊家・俳優 YASUCHIKA、【KIUNJI】企画の公演情報や自身のステイトメント、また生躰研究家としての身体観や考え方をブログ形式でお知らせします。


生躰研究家 金野泰史 稽古会 WorkShop(or lesson )案内はこちら


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード